Posted in 日記24

積極的な葉酸の摂取

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。
それが功を奏したのか、それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。不妊体質とストレス。この二つは密接に関わっています。生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。
妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。ピジョンの葉酸サプリはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめてまとめられています。こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。
ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。
その理由は、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。
この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取をするのが良いでしょう。
妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる危険性があります。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。
あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが大変だという方は、無理をせず是非、サプリメントを利用してみてください。
サプリメントであれば簡単に済ませられますね。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている成分ですよね。普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事をするのも辛い時がありますよね。
そうすると食べ物からの摂取が困難な場合もあるでしょう。
無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリ等の栄養補助食品を利用することで葉酸をしっかりと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居ます。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。