Posted in 日記24

インプラント治療を始める前には

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。